防音室完備の理想の家を建てるまでの「汗」と「涙」と「感動」をあますことなくお伝えします

  めざせ一国一城の主のナビゲーター   トップページ > 契約  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、契約

2008 - 04/17 [Thu] - 18:44

ローンの話と前後してしまいますが、売買契約は完了しております。

通常ならば、建築条件付きの土地を購入するので、先に土地の契約をし、
3ヶ月以内に建物のプランニングをして納得したら
建築請負の契約をするのが普通です。
ただ、私達は、この流れに沿わず土地+建物の契約を同時に行いました。
(もちろんローン特約はつけてます)
理由
1) マッケンジーハウスの建物が気に入って建てることが前提になっていること。
2) ほぼ間取りも決まっていて後は細部の話(窓の位置、形状)を残すのみとなっていた事
3) オプション部分の話もほぼ出来ていて資金計画の中に組み込めた事

ここまで決まっていると、特段同時に契約をしない理由もなく、
事が一度にすむならそれで良いと思ったからです。
それと、契約前の金額交渉の際に事を有利に進める事ができたのもあります。

契約日は3月23日(大安)でした。
重要説明事項がありますので半日時間をくださいと
事前に言われていたので、ある程度かかる事は予想してましたが
この『重説』が破壊力抜群でした。
一気に睡魔が襲いました(笑)

1週間前位に『重説』のコピーをもらって事前に目を通しておきましたので
わかりづらい箇所や専門用語の部分を説明してもらいました。

最後に『重説』の説明を受けましたという証拠にサインと判子を押し、
土地の契約をしました。

これで終わりかと思いきや
続きまして建物の説明を…
破壊力抜群です。

全ての契約書の読み合わせが終わった後、申込金を払い、
契約書に判をおしました。何千万の買い物をしたわりには、
あまり実感もなくあっさりでしたかね。

これが実際支払いが始まると嫌でも実感するのでしょうけど…(笑)

ランキングに登録してます。
励みになりますので参考になったり、
おもしろかったらポチっと押してください→FC2 Blog Ranking

↓こちらも合わせてお願いします。(ポチットな)
にほんブログ村 住まいブログへ



スポンサーサイト

 | HOME | 

ブログ内検索

登場人物紹介

赤フィット
→楽器を扱う営業マンです

→某音楽教室の講師
マッケンジーハウス
→我が家のビルダー
Hさん
→営業マン(我が家の担当)
Mさん
→Hさんの上司(支店長)
Nさん
→現場監督
棟梁
→読んでそのまま棟梁
HMさん
→我が家の防音室担当

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。